消費者金融の返済相談について

急にお金が必要になり、予想外のキャッシングを利用した場合は、翌月からの返済がかなり厳しくなります。
あるいは、今月の予定返済額を、どうしても用意できない、こんなこともあるかもしれません。
では、一体こんな時はどうすればいいのでしょうか?

 

 親類、知人

住宅ローンや自動車ローンならいざ知らず、消費者金融への返済となると、非常に対外的に印象が
悪いものです。
しかし、複数の消費者金融から借りて、多重債務者になっては、どうしようもありません。”みえ”を捨てて、
正直に相談して、短期間だけでも借りて返済にあてるのも1つの方法です。

 

 

 借入先の金融機関

借入先の消費者金融に直接相談するのは、なかなか抵抗があるかもしれませんが、消費者金融側では
貸し倒れになるよりは、少しずつでも確実に回収できるに、こしたことはありません。

 

現在、ほとんどの消費者金融機関では、返済に関しての相談を受け付けていますので、勇気を出して
店頭窓口や電話で、相談してみることをオススメします。
この時必要なのは、予定返済日前に相談することです。これを返済予定日までに、返済できない旨の
連絡もいれず、何ヶ月も滞納している場合は、消費者金融サイドも対応が悪くなることが、予想されます。

 

<返済緩和の具体例・・・利息のみの返済>

 

実際の毎月の返済は「元金+利息」の合計を支払っていますが、これを利息のみの
支払いにすることができます。
例えば、返済合計が59000円で、その内訳が元金50000円、利息9000円の場合に、
利息の9000円のみの支払いとすることです。

 

もちろん、消費者金融側の判断によりますが、どうしても返済に困ったときは相談してみてください。
通常の借入れ、返済、滞納の情報は、全て信用情報機関に残っていますので、相談する場合は、
他社からの借入れなどを、かくさず正直に申告する必要があります。念のために!

 

 公的機関・弁護士

これは、特にヤミ金融や悪徳業者を、利用してしまった場合に有効になります。
個人でこれらの業者に対応するのは、非常にむずかしくなりますので、公的機関や信用できる団体、
弁護士に、できるだけ早く相談しましょう。