各金融金融の比較はこちら

数ある消費者金融を比較して分けると、以下の4つに大別できます。
融資の限度額や、借りやすさ、金利など、それぞれの消費者金融の特色を、比較してみました。

消費者金融機関 特  色 ・ 比 較 実質金利
銀行

・勤務先、勤続年数、年収による審査基準が他の消費者金融
 と比較すると厳しい
・融資限度額は低いが、金利は一番安い

8?18%
銀行系消費者金融

・銀行系列の消費者金融で、融資限度額が大きい
 (≒100?300万円 *例外あり))
・全国の都市銀行のCD、ATMも利用できる

15?18%
クレジットカード

・ショッピング枠とは別に、キャッシング枠も付いているので、
 複数のカードを持たなくてもいい
・国内で利用できるCD、ATMが多く、利便性が高い

15?28.8%
専業消費者金融

・審査が他の消費者金融と比べて、厳しくないので、
 比較的手軽に利用できる
・一般的に50万円までの融資が可能
・即日融資が可能で、キャッシングをすぐに利用できる

15?29.2%

通常、キャッシングの審査が厳しい消費者金融は、リスクが低いため実質金利が、低く設定されています。
逆に、審査基準が比較的ゆるい消費者金融は、リスク回避のため実質金利が高くなっています。

 

*上記、クレジットカードは、一般的な消費者金融とは違いますが、ここでは、キャッシングが可能な
  金融機関として、リストアップしました。